2ちゃんねるで有効に働くネット誹謗中傷対策

裁判所

2ちゃんねるの犯人特定方法

2ちゃんねるで誹謗中傷を書き込まれた場合、IPアドレスでどこから書き込まれたか特定するのは可能ですが、あくまでそのネットワークから書き込まれたものであることはわかっても、実際にだれが書き込みをしたのかを調べるには、ネットカフェであればその時の履歴などを辿る必要が出てきます。その場合、個人ではそこまでやることはできないため、弁護士や警察の出番となります。その警察もすぐには動いてくれません。表現の自由や公益性の観点から動くに動けないということがあるからです。そのため、悪口程度では動けないというのが現状です。警察が動くような案件は、表現の自由を上回る、明らかに名誉を傷つけるような書き込みなどに限られます。

裁判所は高額であることを覚悟

ケースにもよりますが、2ちゃんねるにおけるネット誹謗中傷対策として、あえて放置するというのも1つの手であることが言われています。裁判でIPアドレスを開示する請求をするだけでなく、インターネット接続業者に発信者情報開示請求を出すことやそれを拒否されれば、発信者情報開示に関する裁判をしなければなりません。ここまでにコストとして数十万円かかってしまいます。また、そこまでしても、書き込みをした人物が本当にその人であるかを調べる必要があります。悪口などを書き込まれたとして、それの削除を求めたとしても実際に相手を突き止め、訴えるまでにはかなりのハードルがあり、だからこそ、放置するというのもネット誹謗中傷対策として成立することになります。

放置か、それとも警察や弁護士に依頼してなんとかしてもらうかの境目は、それが晒されたことで社会的な名誉などを著しく傷つけられるかどうかです。もちろん事実無根のことを書きこまれれば依頼をする必要が出てきますが、明らかに公益性のないものであり、かなり悪質なものは対応をする必要があります。2ちゃんねるで有効な対策は、基本的には放置であり、度が過ぎれば弁護士などへの相談ということになります。