ネット誹謗中傷対策として逆SEOが一般的

逆SEO

始めてのネット批判!どう対処する?

自分が意図しないところで謂れのない誹謗中傷を受けることがあった場合、どのような手段をとればよいのでしょうか。

インターネットの掲示板のように、誰でも気軽に書き込める場所では思い思いの意見交換がされます。

そこでは困ったことがあったり相談に乗ってほしいことがあったり、また雑談を楽しみたいという人が集まったりしており、ほとんどは知らない相手との会話を楽しみます。ただ、これが一部の人には悪意を持って書き込むことでその先の誰かを陥れることにないます。

実際に、多くの人が集まる場所としてはうってつけであり、何度も同じ書き込みを見るとそれが事実なのではないかと思い込む人も出てきます。この事実誤認を起こさせるため、ネット上でしつこく繰り返し書き込みが続けられるのです。

最近ではネット誹謗中傷対策が進み、明らかに誹謗中傷と思われる書き込みがあった場合、プロバイダーを通して警告をすることができます。また、誹謗中傷の書き込みを証拠として提出させることもできますので、名誉棄損や威力業務妨害などで告訴することもできます。

急ぐ場合は、逆SEO対策

ただし、これは作業が完了するまでに時間がかかったり、対応が1日ずつ遅れることにより被害が大きくなることが特徴です。そのため、ネット誹謗中傷対策として逆SEOという方法をとることがあります。SEOとは、本来そのサイトやページを検索してもらうため、ユーザーの目に留まるように検索結果の上位に表示させることです。逆SEOは、ユーザーの目に留まらないように検索結果の下位に表示させます。この作業をすることで、ユーザーが相当の手間をかけないと誹謗中傷記事を探すことができなくなります。

また、誹謗中傷の相手の名前を打ち込むと自動的に、検索されているキーワードが連結されて検索されるシステム(サジェスト機能)にも誹謗中傷のキーワードが表示されてしまいます。このサジェスト機能から誹謗中傷のキーワードが表示されないように下げてしまうのも、ネット誹謗中傷対策のひとつになっています。