ネット誹謗中傷対策で困った時は弁護士に相談

誹謗中傷弁護士

インターネットで社会が便利になった

インターネットの普及によって、人々は数多くの情報から必要な情報を効率よく抽出することが出来るようになりました。様々な予約が、24時間いつでも簡単に出来るようになり、買い物ですら店舗に出向かずに購入できる時代です。インターネットを全く使用しない人にはその利便性を活用する事は出来ませんが、我々の身近にある便利なインターネットを誰しもが簡単に活用できる時代なのです。

TwitterやFacebook、LINEを代表とするソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の普及も目を見張るものがあります。SNSは人と人とのコミュニケーションを促進し続けています。実際に出会っていないとしても、趣味や嗜好や生活地域などたくさんの共通項や要素を元に人と人を繋ぎその輪を広げています。利用者の誰もがリアルタイムで簡単に情報を発信できる事、その情報は簡単に共有し拡大できることは、自然災害時において、必要な情報を共有し拡大する目的として、大変有効な手段としても注目を集め始めています。

誹謗中傷対策は弁護士相談が有効

しかしながら、その反面ネット社会における誹謗中傷が大きな社会問題になっています。自分の個人情報が流出してしまったり、いわれのない誹謗中傷を受けてしまったり、個人に対しても企業に対してもさまざまです。インターネットの怖さは事実と全く違ったとしても、その情報が独り歩きしてしまい拡散していくことです。事実と違う誹謗や中傷で実害を被っている人は少なくないのです。また、個人情報の流出は犯罪や事件に繋がる可能性もあり、そのままにしておけません。

情報のコントロールが効かない時代、匿名の相手にネット攻撃されていると感じた場合、とくに誹謗中傷が行われやすい2ちゃんねるに名誉棄損の内容が書かれた場合どのように対処すればよいでしょうか?

2ちゃんねるには削除申請のメールフォームがありますが、個人の運転免許証のコピーなどを添付しないとならず、非常に不安です。また削除申請した内容が公開されて、さらに炎上するなどの被害があるといわれています。個人で対応できない2ちゃんねる被害及び、犯人の特定をするにはどうすればよいのでしょうか?

2ちゃんねる削除に強い弁護士へ相談しよう

その場合は、2ちゃんねる削除弁護士への相談が一つの大変有効的な方法としてあります。弁護士は法律の専門家です。誹謗中傷や流出した個人情報の削除を法的な見地から運営サイトに働きかけられます。また、相手の見えないネット社会において情報を流した人物を特定する事は至難の業です。しかしながら告訴や損害賠償請求を考えた時にはその特定も必要です。弁護士の専門的な力によって特定する事も不可能ではありません。近年はネット誹謗中傷対策を専門に相談を受けている弁護士もいます。困った時は一度専門家である弁護士に相談する事をお勧めします。

現在、個人情報保護という視点で自由な書き込みを行っているいますが、責任も発生します。他人を傷つけてもよいというわけではありません。名誉毀損した場合は、刑法にてらして慰謝料を請求されることがあることを覚えておきましょう。